熱伝導プラスチック

tamesemasu
熱伝導プラスチックと素敵な試作をご提案致します。
 
 
熱伝導プラスチックは、プラスチックに熱伝導フィラーを練り込んであり、
熱を拡散・放熱する効果を持っています。
プラスチックの特徴としての軽さを有しており、比重は1.5~2.0と、
軽い金属のアルミと比較しても約30~50%軽くなります。
重くならない放熱素材として、近年注目を浴びております。
 IMG_温度グラフ
 
プラスチックの種類としては、
「ポリカーボネート」「ポリフェニレンサルファイト(PPS)」「PBT」
「PA-6」「PET」「熱可塑系エラストマー」などが御座います。
ご希望の用途に合わせて、材料をご提案させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。
熱伝導プラスチックの温度測定もしておりますので、こちらへも覗いて行ってください。
 
工法としては、プラスチックと同じ射出成形にて形状を作ります。金型が必要になります。
 
せっかくの面白い素材なのに、金型を用意しないといけないのか。。。 と思われた皆様!
あるんです。金型レスでこの面白い素材を試せる方法。
 
弊社では、熱伝導のブロックを特殊工法で気泡・クラック無しで作っており、
そのブロックから削り出しで熱伝導プラスチックのヒートワークモデルをご提供致します。
※ブロックのみの販売はしておりません。
 
 pla-otg2014
このモデルで、放熱効果の確認を行えます。
kouka2014
 
こんなところで、試作をさせて頂いております。
・LED照明 ・車載関係 ・家電関係 ・産業機器 ・医療 など
 
 
 
 
ご興味がある方は下記よりお問合せをお願いします。


温度毎の測定結果です。

W別測定結果
低い熱量では金属に肉薄します。
また、プラスチックと比較すると大幅に温度を下げる事が出来ます。
 
 
 
 netsusagegutairei2
 
友達の輪
 
 

熱サゲ持ち運びサンプル完成しました

ページトップへ戻る
山下マテリアル株式会社へのお問い合わせ
FPCに関するお問い合わせ
熱サゲソリューションに関するお問い合わせ