「令和2年度産学公連携事業化促進研究」について


令和2年6月2日、地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(以下 KISTEC)の「令和2年度産学公連携事業化促進研究」に、当社の「高速伝送用 FPCの製造技術及び電磁ノイズ低減技術の研究開発」が採択されました。

本研究では、青山学院大学環境電磁工学研究所、KISTECと共同で、5G・6G実現に向けた高速通信を可能にする薄型で高い屈曲性を有する高速伝送用FPCの設計と製造技術の開発を目指します。

主に、グラウンドスリットを設けた構造によるマイクロストリップライン線路の低損失化などの研究に加え、伝送線路導体の薄膜化を実現する製造技術の開発によって、高屈曲・低スプリングバック性能の高い高速伝送用FPCの開発と製造に向けた研究に取り組んでいきます。

「産学公連携事業化促進研究」は、 今後成長が期待される産業分野において、中小企業等の開発ニーズと研究シーズを結び付け、さらにKISTECが有する技術・ノウハウを活用することにより、中小企業等による事業化を促進を目的として行われている事業です。


KISTECの詳細はこちらから

年別アーカイブ
ページトップへ戻る
山下マテリアル株式会社へのお問い合わせ
FPCに関するお問い合わせ
熱サゲソリューションに関するお問い合わせ